2009年09月08日

バーナンキFRB議長は「大恐慌」回避の立役者か?


2007年12月から2009年6月までの米国の景気循環の山と谷の落差は、実質GDPマイナス3.9%で、これで「大恐慌」ならぬ「大不況」の終わりが告げられると予測とあり、一段落したのかもしれませんが「バーナンキFRB議長は「大恐慌」回避の立役者か」というのには疑問を持っていますふらふら

バ−ナンキ議長にありがとうと言いたい人も、一言物申したい人も
クリック↓お願いしまするんるん
次項有にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
posted by 店長 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127609862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。